2013年4月に第1子を出産。日々の育児日記を書いています。


by babynature
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:布おむつ( 6 )

輪おむつのたたみ方ですが、私の方法は
b0228958_22363312.jpg
↑横長において、矢印の方向に一回折ります(ぽんちが写ってるのは気にしないで下さい)
b0228958_22364182.jpg
↑さらに矢印の方向に一回折ります
b0228958_22364929.jpg
↑完成
産院でもこのたたみ方で、家でもずっとこれです。
新生児期~2ヶ月?3ヶ月?くらいまでは、輪おむつ1枚で十分おしっこを吸収してくれていたのですが、1枚ではびしょびしょになるため2枚重ねてます。
b0228958_2238271.jpg

↑重ね方はこんな感じ。縦に2枚置いて、ぺんちゃんは男の子なのでおちんちん側が厚くなるように折ってます。

ぺんちゃんのおむつカバーですが、市販の50サイズを2枚買っただけで、他は全て私の手作りです。
b0228958_2238568.jpg
↑何回も洗濯してるので、使用感ありますが・・・
生地は、外側フリース+内側ネル、外側コットン100%生地+真ん中透湿防水布+内側ネル、のどちらかのパターンで作ってます。
フリースは洗濯せっけんで洗うと撥水してしまうので、外側に。
透湿防水布は効果があるのかないのか不明。高いし、なくてもいいんじゃないかな~。
ネルは肌触りが良いし、うんちの汚れも落ちやすいので、好きです。
妊娠中に50~70サイズを3~4枚作りました。
輪おむつ2枚重ねで使うようになってから、おむつを止める部分が短くて、はちきれそうになってしまったため先日ちょっと改良したおむつカバーを2枚作りました。
パンツ型のオムツカバーも近日作らねば、と思いつつ作ってません。
オムツカバーは、ミシンと布とゴムがあればかなり簡単にできます。

↑この本におむつカバーの作り方や、色々なたたみ方が載っていて、今でもたまに読んでます。

布おむつ育児をしていると「凄いね~、大変じゃない?」と言われますが、布おむつのある生活が当たり前すぎて、大変と思ったことはないです。
布と紙、どちらが好き?と聞かれると、迷わず布!と答えます。夫も布おむつの方が好きだと言っていました。
外出時と長い昼寝時間、就寝時は紙おむつを愛用しているので、紙が嫌いなわけではないのですが、布が好きなのです。
おむつをチェックするとき、おまたの付け根からずぼっと指を入れて(きっと布おむつ育児中のお母さんは皆さんしていると思う・笑)ぬれていると「あ、おしっこ出てるわ♪」となんだか嬉しくなります。
そしておむつを取り替えてあげると、すごく嬉しそうな顔をするのを見るのも好きです。
布おむつ、楽しいですよ~☆

*ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ


[PR]
by babynature | 2013-10-17 22:40 | 布おむつ
布おむつについて記事に書いて欲しいとリクエストをお受けしたので書きます
記事のリクエスト、嬉しいです~*^^*ありがとうございます♪

<洗濯について>
布おむつを始めるにあたって、一番心配になるのが洗濯だと思います。
私も開始前は、忙しい育児の中で果たして面倒くさがらず洗濯できるのか!?と不安でした。
少しでも楽に続けられるよう色々調べ、今は苦もなくやっております。
初期費用はかかりますが、あってよかったものは
・電気バケツ(うんち用)
・ふた付きバケツ(おしっこ用)
・パラソルハンガー
・セスキ炭酸ソーダ
・洗濯せっけん
・アロマオイル(ティートゥリーorペパーミント)
この6つ。なくてはならない存在です。では、順番にご紹介☆

<付け置きについて>
b0228958_21203534.jpg
↑左が電気バケツ、右がおしっこ用バケツです。
我が家はこの2つをトイレに置いてます。お水をぎりぎりまで張って、アロマオイルを適当に数滴たらします。
ティートゥリーやペパーミントは殺菌作用があり、消臭にも役立ってくれます。
ペパーミント(ハッカ油)は、なんと大腸菌0-157にも効くらしい。凄いね。
そして、どちらにもセスキ炭酸ソーダを大さじ1杯弱くらい入れておきます。
セスキは、重曹より10倍強い洗浄力で皮脂や血液汚れ・油汚れに強いエコ洗剤。
布ナプキンのつけおきにもよく使われていますね。
セスキやアロマオイルのおかげで、夏場もトイレは特に臭いませんでした。
b0228958_2121212.jpg
↑左がセスキ炭酸ソーダ、右の小瓶がアロマオイル。
これもトイレに置いてます。
私は6kgのセスキを買って詰め替えて使ってます。100均でも買えるけど、6kgで購入したほうが絶対安い。

これで付け置き準備は完了です。
付け置きの仕方はとっても簡単。
うんちのついた布オムツは、電気バケツへ。おしっこだけのおむつは、おしっこ用バケツへ。
ぺんちゃんはまだゆるゆるうんちしか出ないので、うんちはついたままそのまま電気バケツへぽいっ。
これで翌朝まで何もせず☆

<洗濯の仕方>
我が家は毎朝洗濯するので、その時におむつバケツの水を捨て、付け置きの水を交換します。
おしっこ用バケツの水は、オムツがトイレに落ちないよう注意しながらトイレへ流します。
うんち用の電気バケツは、10~15分回してから、汚水をトイレへ流します。
タイマーがついているので、ダイヤルをひねって放っておけば自動的に洗ってくれてます♪
あとはオムツをそのまま洗濯物と一緒に洗うだけ。
電気バケツで、大体のうんち汚れは落ちているし、おしっこも付け置き洗いで大分きれいになってます。
最初はうんち汚れをお風呂場のシャワーで洗い流していたのですが、やってられるかーー!!となり、電気の力に頼ることにしました。
結果、それがとても楽チンで私には合っていました。
ちなみに、おむつの水を交換する作業は結構重いので、我が家はバケツの水交換~洗濯機をまわす所までは、夫の毎朝の日課になっています。
産直後は赤ちゃんより重いものを持つと子宮脱になってしまいやすいので、これを機に旦那さんの仕事にしてみてしまうのも良いかもしれません(笑)

洗剤は、洗濯せっけんを使っています。
妊娠前から使っているんだけど、今も愛用中。洗浄力が市販の液体洗剤より強くて、お肌にも優しいので大好きです。
赤ちゃん用に売っている洗剤って高いけど、実は赤ちゃんにとって良い成分かというと???な感じらしい。
洗濯せっけんは、使い方が難しそうと私も思っていたんだけど、使ってみればとても簡単です。
使い方は
1.洗濯機の一番下に、使用する分の洗濯せっけんを入れる
2.洗濯物を入れる
3.水温が低い冬場はお風呂の残り湯、水温が高い春~秋は普通の水で洗濯
以上。
黒や紺など、濃い色の服にはたまに洗濯石鹸の溶け残りが白くついてしまうことがあるので、濃い色の服はネットに入れておくといいです。
案外簡単です♪

うんちの黄ばみがついたオムツは、太陽にあてると手品のように真っ白になります。
あれはどういうメカニズムなんだろう。毎回感動します。
バスタオルや肌着についてしまったうんち汚れも、太陽にあてると消えますよん。

物干しはスタンド型のパラソルハンガーを使っています。
屋内用だけど、屋外で使用中。風の強い日は倒れるので、室内に引き上げてます。
これがとっても便利で、ぺんちゃんの肌着や服なども一緒に干してます。

<乾燥機について>
自己責任ですが、輪おむつ・成形おむつ共に、ガス乾燥機でガンガンまわしてました。
ふわふわになります。案外大丈夫です。
但し、繊維が傷ついて、おむつの寿命を縮めてしまうらしいです。

こんな感じです☆結構楽な方法だと思うんですけど、どうでしょうか^^?
使用アイテムのリンクを貼っておきます。

↑電気バケツ。里芋洗いにもいいらしい(笑)ぺんちゃんが大きくなったら、泥んこの靴や服を洗うのにも使いたいなと思ってます。


ぺんちゃんが産まれてから購入して、まだたくさん残ってます。
私はこのセスキとアロマオイルを使って、お風呂用洗剤も作ってます♪


屋内用ですが、屋外でバリバリ活躍中。


セルテヴィエ オムニウッティ(フタ付きバケット)。おしっこ用バケツとして使ってます。
実物と写真の色がかなり違うので、欲しい方は実際使っている方のブログをチェックしてからの方がいいです!
蓋が軽くて、使い勝手はいいかな。意外と臭いもれません。


洗濯用石鹸にも色々あるのですが、私はこの安心生活が好きで、10kg入りのものを買ってます。
ただ、いきなり10kgを買って合わなかったらショックすぎると思うでの、まずはこの小さいのから始めてみてはどうでしょうか^^?
私も初購入は、この小さいサイズでした。

私が調べた範囲内での最安値の所ばかり載せました。
履歴からリンクを作ったんだけど、どこもかしこも、じわじわと値上げしてますね~。
値上げいやーんですね。

*ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ


[PR]
by babynature | 2013-10-17 21:40 | 布おむつ

布おむつの修繕

毎日ぺんちゃんのおしりで頑張ってくれているドビー織のおむつ。
天気が悪い時や疲れた時は、ガス乾燥機に回されるので、端が
b0228958_11251483.jpg
↑このようにほつれてきました。
長く使いたいので、修繕することに。前にどなたかのブログで、バイアステープを使った修繕方法が書かれていて、可愛かったのでまねっこ。
b0228958_1126837.jpg
↑このバイアス、5年前に買ったものです。ぺんちゃんの肌着を作ってから、またもや出番がきました。良かった良かった。
b0228958_1126211.jpg
↑ほつれているところにかぶせて縫いました。
めっちゃ簡単だったし、補強されて良い感じになりました♪

今日はすごく良いお天気な反面、ものすごく暑い。
夕方、涼しくなってきたらスーパーにお買いもの行きたいな・・・。

*ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ 
[PR]
by babynature | 2013-07-08 11:27 | 布おむつ
輪おむつはさらしを切って縫うもの!
という思い込みがあり、妊娠中に張りきってとりあえずさらし1反買いました。
購入先した店舗で、輪おむつの長さに合わせて裁断だけしてくれるサービスがあり、あとは縫うだけでした。
ですが、その後既に縫われているドビー織の輪おむつが販売されているのをしり、もちろんそれをこうにゅうし、さらしは放置されていたのでした・・・。

そんな可哀想なさらしが、昨日やっと縫われました。
b0228958_12142636.jpg
輪おむつ1枚分で、7枚くらい布おしりふきができました。
おしりふきにはスタンプを押して、かわいらしさを演出してみたのですが、完全なる自己満足の世界です。
早速昨日1枚、うんちをした時に使ってみたのですが、なかなか使い勝手が良かったです。
洗濯後もきれいに汚れが落ちてました。
輪おむつも、作り方がすごく簡単だったので、もっと早くに縫えば良かったなと思いました。
さらしはドビーと比べて薄く感じ、肌触りも少し固めのようです。
実際使ってみたらどんな感じなのかな?

アカチャンホンポのトイレに流せるおしりふき、残念ながらやっぱり廃番だそうです(姉が実店舗に行った時聞いたそうです)
なので、早急に布おしりふきを作ろうと決意していた為、昨日完成して良かった良かった。

*ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ 
[PR]
by babynature | 2013-07-04 12:15 | 布おむつ

布おむつ育児のメリット

布おむつ育児をしていて、良かったと思う点。

*紙おむつのゴミが少なくて済む
夜と外出時しか、紙おむつは使いません。夜間は大体、3~4枚くらい。
それでも紙おむつ用のゴミ箱が、ゴミの日にはぱんぱんになっているため、昼も紙おむつを使っていたらもっとゴミがたまっていたんだなと思います。
布おむつについたおしっこは無臭ですが、紙おむつについたおしっこは、薬品っぽい何とも言えない臭いがします。
化学変化が起きるからかな?

*紙おむつ代が少なくて済む。節約になる
これは、布おむつ育児の大きなメリットですね。
ぺんちゃんは今、パンパースのSサイズを使っています。
買うのは1ヶ月に1パックで、ちょっと余るくらいかな。amazonのジャンボパック114枚入り、1580円を購入していますので、月にかかるおむつ代は1580円のみになります。
現在はおむつを電気バケツで漬け置き+下洗いした後、残り湯で他の洗濯物と一緒に洗っているため、水道代が大幅に増えたりはしていないはず。
(退院直後は、大人のもの、ぺんちゃんの服やバスタオルなど、おむつ、と3種類に分けて洗い、残り湯も使っていなかったため、水道代が2~3倍になりびっくりしました)

*気軽にばんばん使える
これも、布おむつ育児ならではのメリットだと思います。
赤ちゃんて、5分前におっしこおむつを替えたのにもうしたの?ってことが多々あります。
そんな時、布なら気軽にさっと替えることができます。紙だと、ちょっとしかしてない時(おしっこのラインが変色していない時)、勿体ないな~と思ってしまう貧乏性な私です。

*うんちの時に大活躍
うんちをした時は、以前書いたあったかいdeシュという、霧吹きを使いウォシュレットのように洗い流しています。
その時、紙おむつの上でシュッシュすると、背中まで水滴が漏れてしまうんだけど、布おむつを2枚折り曲げた上
でシュッシュすると、布おむつが土手みたいになっていて、背中まで漏れるのを防いでくれます(分かりにくい説明ですみません)
うんちがすごく多い時は、新しい布おむつをおしりの下にしいて、シュッシュして、きれいな面で水滴をふき取ったりもします。こうすると、おしりふきを全く使わず、かつきれいに洗えてとても便利です。

*コミュニケーションが増える
よく布おむつ本に書いていて、何のこっちゃと思っていましたが、布おむつ育児を実践して分かりました。
布だと、おしっこをするとすぐに濡れて不快になり、赤ちゃんが泣いてしまいます。
泣いてしまう前に交換してあげたくなり、頻回におむつをチェックする癖が嫌でもつきます(笑)
ぺんちゃんが起きている時はしょっちゅうおむつを外したり、おむつの隙間から手を入れて(ずぼら)、「おしっこ出てないかな?」と話しかけています。
おむつを替える頻度も、紙と比べて多いので「きれいきれいしようね~」と話しかける機会が多いです。
これが、コミュニケーションが増える、ということかな~と思います。

*おむつカバーが可愛い
ぺんちゃんのおむつカバーは自作のものを使っているのですが、可愛くて癒されます。
市販のものも、可愛いものがとても多く、欲しくなります。完全なる自己満足の世界です。

*頑張ってるという気分に浸れる
これまた自己満足な世界ですが(笑)、洗濯したおむつをパンパンと伸ばしてから、干す時や、畳むときに何とも言えない幸せな気分になります。
乾いたおむつを畳みきらない内に、輪おむつのストックがなくなった時は「完売したわ~、畳まなきゃ!」と何故かうきうきしてしまいます。

*何故か偉いとほめられる
保健師さん、助産師さん、親戚の方々などに何故か偉いとほめられます。
なんでほめられるのかよく分からないのですが、ほめられると嬉しい単純な私です。

*おむつかぶれにならない
これは赤ちゃんの肌質にもよると思いますが、ぺんちゃんは今までおむつかぶれを起こしたことがありません。
おむつかぶれを起こした時に「布おむつだから」と言われるのが絶対にいやだったので、おむつ交換はマメにしています。
おむつ内が湿った状態にならないよう、おしりふきや霧吹きを使った後は、きちんとふいて乾燥させることにはすごく気を遣っています。
ぺんちゃんもおむつを交換した後は、気持ちよさそうな顔をするので、気持ちいいのかな?

今思いつくのはこんなところですね。
たくさんメリットがある布おむつです。

*ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
[PR]
by babynature | 2013-06-23 23:04 | 布おむつ
b0228958_22301288.jpg
↑本日洗濯して畳んだ状態の輪おむつ。計16枚でした。

ぺんちゃんを妊娠してから色々調べていく中で、布おむつを使ってみようと思いました。
そもそものきっかけは、布おむつではなく布ナプキンに興味を持ったことから始まります。
私は極度の生理不順だったため、妊娠判明前にこれまた色々調べました。
市販のナプキンは「ケミカルナプキン」と呼ばれ、湿ったままで付け続けると人体に有害な作用があること、生理不順などを引き起こす一環になること、肌が荒れる、などなどのデメリットがあるそう。
(このデメリットは、検索したら詳しい解説がたくさん出てくるため、興味がある方はぐぐってみてください☆)
生理不順を少しでも改善したかったし、以前から布ナプキンには興味があったため、布ナプキンを自作してみようと決意。
透湿防水布や、ネル、プラスナップなどを買いそろえ、さあ作ろう!というところで妊娠が判明しました。
布ナプキンの製作は中断していますが、また落ち着いたら作ってみたいな。

その後妊娠中に、紙おむつもケミカルナプキンと同じようなものというのを見つけ、布おむつに興味をもったのでした。
でも、夜や外出時は紙おむつをばんばん使っているし、そこまで気にしているわけではありません。
有害作用うんぬんより、一番の理由は節約になりそう!って思ったことだったし(笑)
あと、おむつカバーが可愛いなぁ~と思ったのもきっかけです。
図書館で布おむつの本を1冊読んでみて、ますますやってみたい!と思い、さらにレビューの良い他の布おむつ本を購入し、勉強しました。

産院も偶然にも布おむつで(出産後まで知らなかった)、あて方のコツを教えてもらったり、昼夜ずっと布おむつで過ごしたため、自宅に帰ってきてからもすんなりと布おむつ生活に入ることができ、ラッキーだったなと思います。
やっぱり紙おむつは楽なので、最初から紙だったらちょっとしんどかったかもしれません。

私は里帰りができない(実母が他界しているため)し、義実家も頼れない(要介護の義祖母がいるため)状況だったので、周りから布おむつなんてしんどいし、できるわけがないと言われていました。
それでも布おむつに興味があったし、しんどくなればすぐに紙に切り替えようと思っていました。
実際に始めると布おむつ育児は楽しいし、メリットもたくさんあって、やって良かったな~と思います。
これからも、布おむつ育児を楽しもうと思います。
また、布おむつ育児のメリット・デメリットをブログに書きますのでよろしければ読んで下さい☆

*ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
[PR]
by babynature | 2013-06-23 22:29 | 布おむつ