2013年4月に第1子を出産。日々の育児日記を書いています。


by babynature
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

退院&アデノウイルスでした

メールやコメントでお気遣い頂いた皆様、本当にありがとうございます。
温かいコメントにほろりと癒されました。
b0228958_22384461.jpg
↑何故かベッド柵越しだと、満面の笑みのぺんちゃん。
b0228958_22394049.jpg
↑普通に撮影するとこう。なぜ?(笑)

ぺんちゃんですが、土曜日に無事退院することができました。
熱も下がり、下痢も治まり、徐々に食事も摂れるようになって一安心。
便を入院2日目に再検査したところ、アデノウイルスが検出されました。
なので、抗生剤を飲んでもなかなか治らなかったんだね~とのこと。
大腸菌は、抗生剤のおかげで退院時には消失してました。

入院中は食欲がほんとになくて、ゼリー2口、食パン少し(何故かご飯は食べてくれず)しか食べなかったのですが、家に帰ってからはどんどん食欲がわいてきて、今日は米粉のお好み焼きを1枚食べてました。
夜も親子丼をぺろりと食べてくれて良かった。
土日はゆっくり過ごしていました。入院期間中、ほぼ24時間ずーーーっと一緒にいたので、かなりのママっ子になってしまいました。
私が離れると、ぎゃーー!と泣き、夫が抱っこしても大泣き。私が抱っこすると、ぴたっと泣きやむ。
困る半面、嬉しいのですが、夫がかなり悲しんでいました(笑)
活気もかなりあり、ベッドの上ではずっと点滴をしたいたので自由に動けなかった反動が出たのか、ずーーっとリビングやキッチンを探検しまくり。
よちよちと、歩くことに忙しい毎日です。

今日の午前中、退院時情報を持ってかかりつけ医を受診。
すっかり元気になったので、明日から保育園に行っていいよ☆と診断されました。良かった~。

入院3日目の夕方に保育園の園長先生と担任の先生2名、計3名で突然お見舞いに来てくれてびっくり&嬉しかったです。
ただ、ぺんちゃんは隔離室にいたので面会はできず。ちょうどその時寝てたしね。
私だけお会いして、ぺんちゃんだけでなく私のことも労ってくれて、その気遣いが本当に嬉しかったです。
ぺんちゃんにもお見舞いで絵本を2冊をプレゼントして下さいました。
さらに園長先生が私に手作りクッキーを焼いて下さり、涙ほろりでした。
絵本は仕掛け絵本を選んで下さったんだけど、これが大活躍で入院中ぺんちゃん、ずっと絵本で遊んでました。
まさかお見舞いに来て頂けるとは思わなかったので、すごく嬉しかったな~。

義両親も助けてくれて、保育園の先生方も心配して下さって、ぺんちゃんのことを気にかけてくれる人がたくさんいて有難いなと感じた入院生活でした。

入院中に思ったことなど、また時間のある時に書きたいと思います。
小さい子は特に付き添い必須な病院が多いと思うので、その時役立ったことなどを今後のためにもまとめておきたい。それが誰かの役に立てれば嬉しいな~♪
[PR]
by babynature | 2014-06-23 22:43 | ぺんちゃん*1歳